スポンサーリンク

5,000万曲突破

AppleMusicが始まって3年が経ちました!Appleが提供している定額制の音楽ストリーミングサービスですが、日々ストリーミング出来る曲数が増えています。AppleHPを確認すると、「4,500万曲」から「5,000万曲」に増えていました。3年前は「3,000万曲」からスタートしたので勢いは止まらない。全世界に一体どの位の曲数があるかは想像出来ないが、定額の料金が上がらずに曲数が増えてくれる分には嬉しいですね。

どの位多いか?例えてみる

ではこの「5,000万曲」ってどの位なんだろう?とふと疑問に思ってしまった。僕はAppleMusicをほぼ毎日利用している。通勤の途中やPC作業中にも、車移動の時はブルートゥースで車に飛ばし聴いている。こんなに聴いてもさすがに5,000万曲を消化出来るはずもない。ではどの位なのか?

1曲5分で計算してみる
「分数だと」→1曲5分×50,000万曲=2.5億分
「時間だと」2.5億分÷60分=416万6,667時間
「日数だと」416万6,667時間÷24時間=17万3611日
「年数だと」17万3611日÷365日=476年
「5,000万曲」=476年分
結論→聴ききれない
生まれた瞬間からAppleMusicを流し続けても終わりはこない。それどころか聴けない曲数の方が多いのである。更にはどんどん全世界で曲は生まれていくので絶対に聴けない。
アルバムだと何枚?
「10曲入り」→5,000万曲÷10曲=500万枚アルバム
単純計算でそうなるけど・・・
この500万枚を高さで考えると?
アムバムを積み上げてみる
1枚の厚み10.4cm
「cmだと」=52,000,000cm
「mだと」=52,000m
「kmだと」=52km
10曲入りにして、そのアルバムを縦に積んでいったら、520kmの高さになる!
富士山「13.7個分」
エベレスト「5.8個分」
ジャイアント馬場「2.5万人」
という計算になる。
違う角度で見ると、凄すぎるAppleMusicとなる。これが定額で聴き放題なんだから、CDの時代から比べてここ数年でどれだけ音楽が進化したかが分かると思います。この曲数をiPhoneの中にあると思えば素晴らしいサービスではないでしょうか。



スポンサーリンク
おすすめの記事