日本時間10月30日午後11時から「Appleスペシャルイベント」が開催される。場所はニューヨーク・ブルックリンからである。

スポンサーリンク

なぜニューヨーク?ブルックリン

今回は、ニューヨークでの開催であるけど、アップルの本社はカリフォルニア(Appleパーク)にあってニューヨークの場所まではかなり遠い・・・アメリカの端と端である。なぜAppleパークではないのか?気になったので距離を調べてみた。

僕だけだろうか・・・こんな事を気にしてしまうのは・・・かなり遠いぞ!

ティムクックCEOやApple幹部は完全なる出張ではないか!ニューヨークで行う話題性やブランディングって事を考えれば、そういう点もAppleらしさを感じる。Appleパークが完成したからと言って必ずそこではない!

新型iPad発表

噂ではiPadの発表だろうと言う事である。僕もそれが濃厚だと思う。画像が色々とリークされている。予想される点が、ホームボタンが無くなり、FaceID対応のiPadだという事。もちろんアップルペンシル対応で前回発表された「iPad6世代」とは違うハイスペックiPadだと思う。

僕は、今iPadPro10.5インチを利用しており、会議資料の閲覧やそれにペンシルで書き込むって事以外にあまり使用していないが、今後ホームボタンが無いiPadが当たり前になっていくのであれば、それはそれで全く問題ない!

新MacBookAir発表か?

同時にMacBookAirの発表も予想されている。MacBookAirはMacの中でも安価なPCである為、人気のPCである事は間違いない。現在の後継機であればかなり興味深く進化に期待したい所である。

もちろん内部スペックの向上は間違いなく処理能力がUPされる事と、画面のベゼルが薄くなり画面が大きくなる事が予測されている(希望でもある)

MacBookAirでのTouch Barが搭載される可能性もなくはない。ただそうなるとMacBookProとの差別化も無くなってしまうので何とも言えないがこれも期待したい所である。

スポンサーリンク
おすすめの記事