Apple1日に7-9月(第4四半期)の決算を発表した。売上高、利益ともに4四半期連続で過去最高を記録したのである。iPhoneの販売価格上昇とアプリ販売App Storeの好調が要因だある。

売上高20%増→629億ドル71,0654,163

利益32%増→1413,000万ドル15,9642,978

通期のiPhoneの世界販売台数は、約21800万台と伸びは1%に満たなかった現状である。販売台数はほぼ横ばいであるが、売上高は過去最高の2,656億ドルを記録し前回過去最高記録の2015年度の水準を14%上回った。

決算の内容は、ソフトウェア事業の強化と販売台数の低迷を補うためにiPhoneの値上げという2つの戦略だ。年末商戦時期の1012月期では昨年売上高883億ドルから890億~930億ドルの拡大を見込んでいる。

先日、発表されたばかりの、「MacBookAir」「MacMini」「iPadPro」が117日に発売される事と、iPhoneXs/Xs Max/XRが全て出揃った点を考えると、年末商戦の準備は整った所だろう。

MacBookAir」「MacMini」「iPadPro」はどれも、前回よりも値上がりしておりiPhoneと共に、高額戦略により売上高を伸ばしてくるだろうと思う。このAppleの高額戦略だけが、目立ってしまっているが、発表された端末はどれも、かなりの改良と進化が見受けられており、製品の完成度と商品金額は比例しているとも思える。

Appleの根底には、やはり使いやすく、いい製品という軸はブレておらずそういったこだわりが、また買い替えを待ちわびていたAppleユーザーの購入につながっていくのであろう。

スポンサーリンク
おすすめの記事