総務省は来春までに、docomo、au、SoftBank携帯会社3社に対して、携帯本体代金と通信量を分離する「分離プラン」を徹底する方針を固めた(YahooNewsより)そして、本体代金を分割で購入すると受けられるセット割りを無くし、不透明な割引をなくしユーザーが安く使えるようにキャリアへ要請。

と意味不明な事をいう総務省!僕は携帯屋でストアマネージャーをしているけど、「分離プラン」で安くなる訳がないと思う。全く目の付けどころが違いすぎてあきれてしまう。実際に説明していこう!

スポンサーリンク

分離プランじゃない場合

今まで2年間の機種代金を分割で購入し、その代わり携帯キャリアは利用料金から一定の金額を割引する販売方法をとっていた。毎月の料金をみて頂くと、利用料金に機種代金の分割が加算されているが、同額の割引が入っている事で毎月の料金は5,000円になる。

では機種代金を2年で払い終わったらどうだろう?機種代金が無くなると同時に割引も無くなるのである。何故かというと、機種代金を分割で払っている時だけの割引なのである。不透明どころか非常にシンプルな割引システムである。

機種代金が払い終わり、割引が終わった状態で毎月の料金は5,000円。料金は安くならないし、高くもならない状態である。機種代金と割引はいつでも同じ金額ではないので一概に料金は変わらないって言えないけど・・機種代金が3,000円で割引が2,000円だった場合には、上記の図で言えば2年後1,000円安くなるのである。しかし5,000円という月々料金は変わらない。

分離プランの場合

では、総務省が徹底という「分離プラン」ではどうだろうか?通常のプランに機種代金だけが追加された状態になり、毎月の料金は7,000円になる。機種代金が払い終わっても結局5,000円で変わらないです。この2年間ユーザーが高い料金を払う事を総務省は望んでいるのでしょうか?

僕には全く理解出来ないし、トータル2年間で払う料金は「分離プラン」の方が高くなるのである。

まとめ

確かに各社携帯会社は複雑な料金プランと割引を実施していると思う。しかしこの「分離プラン」は不透明な割引実施を抑止する事になるかもしれないが、機種代金が利用料金に加算されるだけなので料金が安くなる事はない。これが消費者の為かと言われるとそうではない。

iPhoneが発売され、その本体代金は高いもので20万近い。これを「分離プラン」で考えてみたらどうだろうか?20万円を2年分割にしてみると機種代金だけで毎月8,300円になる。毎月の料金は13,000円にまで跳ね上がるのである。総務省は何がしたいのだろうか・・・・

このiPhoneの値上げは、Appleの高額戦略の1つである。今や携帯電話は1人1台の時代になり、出荷数も頭打ちになるのは当然である。その為メーカーは高性能機種を販売し、その端末代金はどんどん高額になっていくのである。それはメーカーも生き残りをかけているからである。

安くならない原因の1つに、機種変更のタイミングもある。なぜか機種代金を払い終わると機種変更をする事を1つの目安になっているからだ。機種変更をしなければ、機種代金も無く利用料金だけを払う状況であれば確かに高くはならないのである。しかし、2年毎に機種変更をすれば機種代金はまた2年続くのだから安くなる事はない。なぜ機種変更するかと言うと「バッテリーが持たない」「操作が遅くなる」「故障する」「新しい機種を使いたい」毎日使うスマホだからこそ起きる理由なのである。

どの携帯会社も料金の値下げは来年春には対応してくると思うが、機種代金値下げも必要である。

スポンサーリンク
おすすめの記事