スポンサーリンク

新型iPadProが発表

2018年11月30日に開催されたアップルスペシャルイベントで新型iPadProが発表された。

色々なリークがあり、当初はiPadPro濃厚だったがイベント2日前になったらiPadmini5という話になっていたが結局はiPadProの発表となりました。過去iPad比較と特徴を紹介します!

予約開始と発売日

各携帯キャリアとも

2018年11月1日 予約開始

2018年11月7日 販売開始

過去iPadとスペック比較

デザイン

12.9インチと11インチの2モデルだが、ホームボタンが無くなった事で全てがスクリーンへ!これにより、ボディーサイズも25%小さくなりコンパクトで大画面になったのである。

しかも5.9mmという薄さになり、過去最高に薄さになった!

人間の手は、薄さに反応しやすく、数ミリ単位で変化に気付きやすい点から薄さもかなりの魅力になると予想出来る。

AppleはiPadを初めて発表した時、ジョブズはiPadを「魔法」という言葉でブランディングしてきた、今回、ティムCEOは「一枚の魔法のガラス」と呼び、それを継承されている点からジョブズへのリスペクトは変わっていないと感じる事が出来た。

FaceID

ホームボタン廃止により、自然な流れでFaceID搭載に変化。

これにより、iPhone、iPadとも今後ホームボタンを搭載する可能性は無くなったとも言える。なぜならホームボタン廃止により、その部分を画面サイズに当てる事で本体サイズを小さく出来る点がある。それと操作性の改良を進めている為、その技術を更に進化させる中で再度ホームボタンを搭載する理由がないのである。

FaceIDで出来る事は「ロック解除」「アプリへのログイン」「支払い」などが可能である。しかも縦向きでも横向きでもFaceIDが使用可能である。

A12X Bionicチップ

チップに関しては、新モデルの度に進化しているが今回は素晴らしい程の進化である。

ティムCEOはこのiPadProについてこう言っていた

「世界中の人がクリエイターになれる」この意味はきっとAppleが理想としている誰でも簡単に物作りが出来る製品を後押ししていると思う。

もちろんプロ向けでもあるのは間違いない!2019年には「PHOT SHOP CC」プロ向けのアプリケーションが出る予定であり、実際にスペシャルイベントではABOBE社による、プレゼンテーションが行われ会場を湧かせていた。クリエイター向けのソフトはかなり重い処理をする事になるが、それを難無くこなせる程のA12X Bionicと言う事だろう。

アップルはこのすごさを「ほとんどのノートPCより高速」と表している!

A12X Bionic搭載により、グラッフィックスも2倍に!臨場感溢れるゲームが楽しめる様になるのである。イベントではバスケゲームをプレゼンしその臨場感をアピールしていた。

新しいApplePencil

Pencilが新しくなった!僕もPencilを利用しているが、かなり便利で資料に文字を追加したりと活躍している。しかし充電問題やPencilのフタを無くしやすい、持ち運びに不便など改良が必要だったが、今回のPencilは全て改良されている。

販売は2018年11月7日 価格¥14,500 (税別)

①iPad本体に磁石でくっつき「充電」「ペアリング」が可能

②Pencilをダブルタップでツール切り替え(ペンの太さ等)

③Eメールやスクショにも注釈を追加

④Keynoteにも直接、絵を書ける

⑤圧力や傾ける事で太さや濃淡が出来る

USBーCコネクターへ変更

ライトニングからUSB-Cへ変更!

コンクターが変更されるのは、大きな変更点である。AppleはMacに関して、USB-Cへの変更をすすめており、これがiPadにも搭載される事になった。より高性能なカメラに接続したり、iPadProからiPhoneを充電したりも出来るのである。

USB Type-Cは、データの入出力から電源供給、映像出力まで1本で対応できる特徴がある。端子の汎用性が高くなることで、機器ごとにケーブルを使いわけなくて良いのが大きなメリットでしょう。また、AppleのLightning端子のように上下どちらでも利用できることから、ユーザビリティの向上に。

まとめ

新型iPadProは、かなり進化したと思います!むしろ今までのイベントとは違い、iPadの魅力を伝える時間が長かった印象。それだけiPadProを押し出したい印象だった。

PC並みのスペック、そしてホームボタン廃止により、操作性の高いジェスチャーにより、より使いやすく進化したiPadProは流石Appleとしか言いようがない。

クリエイターがPC作業からiPadProへと切り替わって行くだろう。そして誰にでも使いやすく革新的な製品である事は間違いない。僕は、このイベントを見てやはりAppleのこだわりが素晴らしいと思えたし、タブレットは各メーカーから沢山出ているが、iPadは全くの別物であり圧倒的な製品の違いがあると実感した。個人的な意見だが、使えるタブレットはiPad以外ないと思う。

 

スポンサーリンク
おすすめの記事