スポンサーリンク

複数のiOSデバイスを持っている

iPhoneを2台持っている場合やiPadを使用している場合などにも、iCloudを有効に使う事が出来ます。

同じAppleIDでログインする事で、他のiOSデバイスで同期がされている状態になります。

設定してみよう

設定は下記の通りで簡単なので、初期設定をしておこう。

他のiOSデバイスで同期をしたい項目にチェックをいれるだけ!

iPhoneに入っている、上記の項目を他のiOSデバイスで閲覧したい場合などは、全チェックでOKです。

僕も、基本は全部にチェックを入れております。メモの機能をかなり活用しているので紹介します。

メモ具体的な使い方
iCloudでメモをオンにしている状態。
iPhoneで気になる事や忘れない様にメモ入力する事が多い。iPadを会議などに利用する場合に、メモを開くと先ほどiPhoneで入力したメモが同期されている状態で確認出来る。そのままiPadで追加のメモをする。そうする事でiPhoneやiPadで後日確認も出来るし、編集も可能です。もちろんどちらかのメモを削除すれば、両方から削除されるので注意。

IDが2つあるけど、どうしたら?

iCloudアカウントとストアーアカウントと2つのAppleIDを分けて作成する事が出来ます。

どちらも作成した方がいいの?って困る方もいると思いますが、結論、1つで大丈夫です。

1つのAppleIDで、iCloudとストアーを管理しましょう。

同期されたくない場合

確かにiCloudは、便利ですが家族が所有しているiPhoneやiPadに、自分が使用しているAppleIDを入力してしまって、写真が同期されてしまった・・・とか連絡先が入ってしまったなど、プライバシーが無いのは困りますよね?

AppleIDはiPhone1台に1つのIDをルール化して使用する事がおすすめです。

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事