スポンサーリンク

ApplePencil2 製品概要

新しいApplePencilは、ピクセルレベルの精密さで操作することが出来る。メモを取る時や、水彩画を書く時、現場で建物のデザインを書く時に一段と快適に、一段と自然に使えるツールになる様に作られている。またApplePencilはiPadProに磁力で取りつけられペアリングやワイヤレス充電が可能な為、いつでも必要な時に使えます。

さらにApplePencilをダブルタップするだけで、鉛筆から消しゴムへ切り替えるなど、ツールの切り替えも可能です。その特徴的な機能を最大限に活用するように作られたアプリケーションを使えば、新しいApplePencilはまったく新しいiPadProの完璧なパートナーになります。

ApplePencil2対応機種は「11インチiPadPro」「12.9インチiPadPro」(第3世代)

ApplePencil2価格

Apple Pencil(第2世代)¥14,500 (税別)

ApplePencil公式HPで購入可能

ApplePencil2発売日

2018年11月7日発売開始

ApplePencil2特徴まとめ

自然な使い心地

・ApplePencilはiPadProのMulti-Touchの多彩な能力をさらに広げ、文字を書く、絵を書く、メモをとる、注釈をいれるといった作業をより高い制度で実現。

・iPadに内蔵されている加圧センサーと傾斜センサーがApplePencilの圧力や傾きや微妙な変化を感知

・iPadはパームリジェクションテクノロジーが組み込まれているのでApplePencilを使う際に画面に手を置くことが出来るのでノートを抑えて書く感覚と同じ。

・iPadは指先とApplePencilのどちらを使っているか認識出来るので、画面上で両方を同時に使うことができる。

・「メモ」「メール」「Pages」「Numbers」「Keynote」といった無料で入手できる多くのApple製アプリケーションでApplePencilを利用でき、カラフルなイラスト描く、スライドに魅力的なアクセントを加える、手書きのグラフを作る事ができる。

磁力でつき、ワイヤレス充電

・コネクタや動くパーツが一切なく全く新しいシームレスデザイン

・iPadProの右側に磁力でつき、保管しやすい

・iPadProに取り付けると自動でペアリングされ、ワイヤレス充電する事ができるのでいつでも必要な時につかえる

ダブルタップでツールを切り替え

・ApplePencilをダブルタップすれば、メモアプリケーションで鉛筆から消しゴムへ切り替えるなど作業を中断せずにツールを切り替えられる。

・様々なアプリケーションに対応し、最もよく使うツールの間で簡単に切りかえられるようにタップをカスタマイズすることも可能。

まとめ

ApplePencil2はかなりの改良された印象です。僕も使用しているけど問題だった点がいくつかあった。

・ApplePencilの充電はiPad本体コネクタに差し込まないといけない

・ApplePencilに付いてるペン先の蓋を無くしやすい

・本体の持ち運びが大変

・画面をタップしてペンの種類や消しゴムを切り替える必要がある

上記の問題点は全て改良されており、より少ない作業でiPadProを操作する事ができる仕様になっている事から、iPadProを購入する方は同時にApplePencil2を購入した方が良さそうですね。

スポンサーリンク
おすすめの記事