新型iPhoneが発表され噂の3モデルが登場!

どれを購入するか迷っている方は必見!!ディスプレイや本体容量、カラー、大きさ等をもとに比較して行こう!

スポンサーリンク

主な特徴のまとめ

iPhoneXS/XSMax

・ゴールド色追加

A12チップ搭載のNeural Engineによる機械学習で、使えば使うほどスムーズな操作  

5.8/6.5inch 有機ELディスプレイ

4×4 MIMO対応でより高速通信を実現

IP68(防水/耐塵) 耐水性能UP

・デュアルSIM対応(nano-SIM/eSIM)

・(カメラ)撮影後でも被写体深度変更可能

・バッテリー長持ち

iPhoneXR

A12チップ搭載のNeural Engineによる機械学習で、使えば使うほどスムーズな操作

6色展開

・シングルレンズカメラでも背景ぼかし写真撮影可能

・バッテリー長持ち

3モデルスペック比較

本体容量で比較する

iPhoneXSシリーズに512GBが登場。個人的には、XSの64/128/256GBが適度な容量の気がするけど

やはり上位機種の2つでは、512GBが登場してもおかしくないのだろうと。写真や4K動画の保存、その他にメールの容量で数十GBを取られてしまう、ビジネスマンも少なくないと思う。それに、今までずっとiPhoneを使い続けた人が、そのデータを移行しまた数年使い込む事を考えれば納得の行く容量だと思えてくる。僕が今まで、数々のiPhoneを触ってきたが、128GBを超えて保存している人を見た事がないのは、何故だろう・・・

カラーで比較する(全9カラー)

iPhoneXS/XSMaxは全部で3種類。

iPhoneXは、シルバー、スペースグレイの2色展開だった。今回はゴールドが追加された。

背面もガラス仕様にXから変更された関係で、今までのゴールドよりも光沢があり、かなり高級感もましているのが分かる。療器具レベルのステンレススチールAppleが特別に開発したアロイに精密な機械加工を施し、3つの仕上げの構造フレームで構成。

背面ガラスにより、ワイヤレス充電もパワーアップし、より高速充電が可能。

ゴールドとスペースグレイの仕上げでは、ステンレススチール製フレームに高度な物理蒸着処理を施し、ガラスに美しくマッチする色と反射率を持たせた仕様に。

 

iPhoneXR全6色

、イエロー、ホワイト、コーラル、ブラック、ブルーの6色展開。

ここまで色を展開したのは、iPhone5c以来である。

これもAppleのカラー戦略とも言われており、女性客やファッション性を意識した展開。

ディスプレイサイズ(本体の大きさ)で比較する

この3モデルで1番大きいディスプレイがXSMaxである!これはiPhone史上最大の大きさを誇る。

さすがに、大きすぎるのではないか?手にあまり、操作がしづらいのではないか?と不安に思う方もいるかもしれない。

iPhoneで動画(YOUTUBEやストリーミング動画、映画)を楽しんでいる方やゲームを大画面で楽しみたい方はやはり大きい方が見やすいし迫力ある映像を楽しめるのでないかと思う。

XSについては、現行機種のiPhoneXと同じサイズである為、近くのショップでサイズを確認するだけでも、イメージがつきやすいと思う。

ディスプレイが大きい分、本体全体の大きさも比例している。ホームボタンが無くなった事で、画面サイズの確保に成功し小さいサイズでも大画面を実現している。XRだけが、厚みを感じるがこれは、有機ELディスプレイじゃない事を考えると納得出来るのではないかと思う。

iPhoneXSMaxの208gを考えると、結構ずっしりとした重さだと思う。iPhone200g越えは今回が初である。使い慣れたiPhoneから2030g増加は意外と考えものである。

有機ELディスプレイ

サイズと共に気になるディスプレイの性能で有機ELディスプレイがある。このディスプレイの魅力とは?

有機ELディスプレイの特徴の一つには、薄型化が実現しやすいことが挙げられる。液晶では、発光のために裏側から光をあてるバックライトを配置する必要があり、そのバックライトの存在が薄型化を進める上で支障となる。一方、有機ELディスプレイでは、自ら光る物質を利用しているため、バックライトは不要で薄型化を図りやすい。消費電力や視野角、応答速度などの面でも、液晶と比べて有利とされる。

今後の4K8K動画の普及を考えると、有機ELディスプレイでは真の黒が驚く様な輝度とコントラストをもたらし鮮明で綺麗な映像を楽しめるのである。

このディスプレイはiPhone以外でも使用されている事が多くiPhoneに限ってのディスプレイではない。自宅のTVもこれになっている事が多いです。

・ディスプレで考えると動画、YOUTUBEや映画、ゲームを大迫力で試したい方はXSMaxかXRがおすすめ。
・有機ELディスプレイは綺麗だがそれを基準に判断しなくてもOK

進化したカメラで比較する

カメラ機能も機種選びの大事なポイントにしている人は多い。3モデル全てが1,200万画素だが、XSMax XS共にデュアルレンズ(2つ)。

これによりポートレート撮影(被写体の背景をぼやかす)が可能なのだがXRも背景ぼかしが出来るので、あまり差がない様に思えるが、XRには光学ズーム機能がない点を考えるとズーム時のXSMax/XSがやや優位。

どちらも撮影後に、編集機能を使えば、自由に背景ぼかしを画面をスライドするだけで出来てしまう。実にAppleぽく思える。この機能を使えば誰でも、一眼レフで撮影した様な写真を残す事が出来るのが魅力的である。

しかし今現在、iPhone6siPhone7iPhone8を使用している方であればXRでも十分な撮影と背景ぼかしの機能を楽しめるのではなかと思う。

また、動画撮影時の手ブレ補正においても、広角、望遠補正のXSMax/XSが上位機種のスペックでカバーしている。動画をあまり撮影しない人にとってはあまり気にならない所である。

 

カメラ部分で判断をするなら

iPhone6/iPhone6s/iPhone7/iPhone8を使用している方は「XR」で◯
Phone7Plus/iPhone8Plusを使用している方は「XSMax/XS」が◯

ポートレート撮影やカメラをあまり使わないのであれば、「XR」で決めるのもありだと思う。

まとめ

上記を振り返ると、僕的には、上位機種のiPhoneXS/XSMAXがオススメです!

発売時期がXRだけ、1ヶ月遅れって事もあり、それまで待てません!今まで上位モデルを使っていた人はXS系で。

今後、動画やゲームがもっとハイクオリティーに変化して行く事を考えても、今それを少しでも楽しんでいるなら、やはりXS系ではないかと思います。もちろんゴールド好きにもだけど。

カメラの機能で、自身の利用シーンに当てはめて考えて頂ければ決めやすいのではないかと思う。カメラ機能とディスプレも進化した事で、XSシリーズで使ってみようと言う方も増えると思います。ホームボタンが無い事で、iPhoneを離れる方が中にはいるかもしれないが、今後、それが付く事はないだろう。今回の発表で確信出来る点を考えると、1つの時代が終わって次の時代が始まった事でしかない。

スポンサーリンク
おすすめの記事