iPhoneで撮影した写真や動画を、一緒にいる友達に送りたい時ってありますよね?

その際に、どの様な方法で送っていますか?

LINEやメールで送信する事が多いと思いますが、iPhone同士ならもっと便利に送れる機能があります。

それが『AirDrop』です。

僕も、この機能はかなり使用します!写真や動画、PDFデータを送る事が多いです。この機能を知っているだけで、共有する手間が省けて便利に使えるので是非紹介します。

スポンサーリンク

AirDropとは?

ワイヤレスで送信出来る機能

Apple製品同士でワイヤレス送信出来るので、重たいデータもサクサク送信可能です。

 

 

 

 

オススメ度

使用出来る条件
【iPhone】
iOS7以降がインストールされたiPhone 5以降の端末。
iOS7以降がインストールされた以下の端末で利用可能。
【iPad】
・iPad Pro
・iPad(第4世代以降)
・iPad mini以降
【iPod】

iPod touch(第5世代以降)

【Mac】
OS X Yosemite以降を搭載したMac

Bluetooth機能をONにしておく必要があります。

送信出来る容量は?

基本無制限

容量に制限が無いのが魅力的。
100GBでも送信は可能ですが、受信出来る側の保存容量が少ないと送信出来ない事もあります。

送信可能なものは?

・写真(複数点同時送信可能)
・映像(撮影した動画)
・音声
・テキストや表計算ソフトで作成したファイル
・圧縮ファイル
・連絡先
・位置情報
・Webサイト
・メモ
・App Storeのアプリ情報

etc

設定確認と使い方

 


受信側の画面

これで写真を送る事が出来ました。
これでLINEやメールを使わなくても簡単に大容量の写真や動画を共有する事が可能です。

注意
デバイスがスリープ状態になると、送信側のAirDropリストから消えてしまうので、受信時は必ずスリープを解除しておこう。

iPhone店長がオススメする『AirDrop』を是非お試し下さい。

スポンサーリンク
おすすめの記事