2016年に発売されたiPhone7からは、Plusという大画面モデルに限り背面のカメラに搭載されるレンズの数が2つに増えており、ポートレートという機能が追加されました。

そうした機能は翌年の2017年に発売されたiPhoneXとiPhone8のPlusでも引き継がれており、性能は先代モデルよりも向上しより一層ノーマルモードでの撮影とは異なる風合いの作品が生み出せるようになっています。

 

 

 

スポンサーリンク

ポートレートってなに?

iPhone X ポートレートという機能は肖像という意味が機能名にもなっている点からもわかるように基本としては人物を被写体にして撮影する際に用いる機能の事を指します。

iPhone X ポートレートで人物撮影を行うと背景に焦点が合わなくなるので、たとえ人物の背景に様々な物が写り込んでいたとしても人物のみをフォーカスする事ができ、乱雑さを感じさせなくする事ができます。

そういった機能がiPhoneXやPlusのみに限定されているのは背面に搭載されているカメラのレンズの数が関係しており、従来のカメラレンズが一つのみしか搭載されていないタイプだとiPhone X ポートレートのような性能を生み出す事はできません。

焦点距離が異なる望遠レンズとノーマルレンズの2つで同時に撮影し合成させる事により、手前ははっきりとピントが合っているものの奥側のピントが合っていないフォトジェニックな作風に仕上げられるようになっています。

 

iPhoneXと8Plusはどちらも7Plusよりも性能が向上しているのですが、iPhoneXの方が8Plusよりも性能が良いためポートレートの性能に魅了されたのなら、iPhone X ポートレートを選択するようにしましょう。

 

さらに、iPhone X ポートレートでは背景にピントを合わなくするだけではなく、スタジオやステージでスポットライトを浴びたような仕上がりにする事もできるため、特殊な照明機器やライティング技術を有していなくてもフォトスタジオで生み出したような仕上がりになります。

 

iPhoneXはインカメラもポートレート対応

 

 

 

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事