スポンサーリンク

日本で発売されたモデル

・日本で初めて発売されたiPhone
・AppStoerスタート
・GPSを搭載し位置情報取得
・日本で初めて発売されたiPhone
・AppStoerスタート
・GPSを搭載し位置情報取得

初代iPhoneは日本では発売されなかった。そして次のモデルも日本で発売される期待はあまり持てないと思われていた。iPhoneを活用するには、定額のパケット通信が必要だったが日本の通信がキャリアが無制限のデータ通信を許すとは思えなかった為である。

しかし予想はいい方向に裏切られ2008年6月9日にWWDCでiPhone3Gは発表された。最初に発売される国は22カ国。その22カ国に日本が入っていたのだ。

キャリアはソフトバンク。当時ドコモ、auに大きく差を離されていた3番目のキャリアのソフトバンクだった。

代表の孫社長はモバイルインターネットの重要性とiPhoneの価値を正確に理解しジョブズを口説き落とし大勝負に出ていた。

発表から7月11日までの約1ヶ月。情報がほとんどないまま発売日は着々と近づいていた。

孫社長が、もうひと勝負に出ていた。
iPhoneの性能を活かす為にソフトバンクはiPhone専用のパケット専用の使い放題プランを用意していた。

今、考えると不思議な話ではないが、国内メーカーのパナソニックうあシャープ、富士通をすっ飛ばし、携帯業界では未知数だったアップルにこんな好条件を提供するなんて考えられなかった。

次のモバイルインターネットの世界を実現するには使い放題は必須の条件だった。こうして孫社長のiPhone戦略で日本のiPhone販売が加速して行く。

スポンサーリンク
おすすめの記事